Life Is Just A Bowl Of Cherries | 2011年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

X1 VS X100 

X1-L1002605.jpg



先日、FUJIFILMのサロンに新しいカメラFINEPIX X100
見るのとカタログをもらうため、行ってきました。
LEICA X1と撮り比べした訳ではないのでちょっと大げさなタイトルだったかもしれませんね。

X100とてもいいカメラだと思いました。
写真で見ていた印象よりは高級感はありませんでしたがその分軽く持ち運びは便利そうです。
(とくにダイヤル上部がシールっぽいのにがっかり。クラッセみたいに数字は彫りでは無い。)
ファインダーの見え方はすばらしく、オートフォーカスも気持ちのいい作動感でした。
光学ファインダー(OVF)から電子ビューファインダー(EVF)の切り替えも
スムーズで面白かったです。
一番いいなと思ったのが昔の球面ズミルックス35mmを思わせる絞りダイヤルの位置と形状。
それとF2.0によるボケ具合の大きさです。程よく上品にボケが楽しめました。
表記の『MADE IN JAPAN』も嬉しいですね。
撮影が楽しくなるそんなカメラだと思います。

Leica X1と比べると、機能面に関してはほとんど全てフジのX100が勝っていると思いました。
たぶん?買わないと思いますがカメラに触れている内に
(思わず30分以上もあれやこれや遊んでしまいました!)
しっかり欲しくなってしまったのはここだけの話です。

写真は乃木坂にて。


Leica X1
スポンサーサイト

冬の光

elmar001.jpg



昨日までは驚くほど暖かったのに
今日はまた冬の寒さに戻った東京です。
でもいつもこうやって春になっていくんだから
今の時期は春と冬両方楽しめるいい時期なのかもしれない。

光も冬の光から春の光へ変わっていきます。
ぼくの大好きな冬の優しい光とも、もう少しでお別れだ。

表参道にて。
オールドレンズは冬の光を繊細に表現してくれる。


Leica DII Elmar 50mm F3.5

アメリカン・ダイナーとコーヒー

elmar034.jpg



若い頃はこんなアメリカンダイナーやらファミレスやらで
友達と何時間もよく話し込んだりしたものです。

その頃の僕たちにはコーヒーがありさえすれば他に何もいらなかった。

表参道のアメリカンダイナーで。


Leica DII Elmar 50mm F3.5

石葉

20110213-elmar018.jpg



マンションでの生活が続いているからか
最近ではホテルよりも昔ながらのスタイルを貫いている旅館が好きです。

高機密、高断熱の最近のマンションは便利だけどもどこかしっくりしない部分もあります。
僕はすきま風が入るオンボロ木造住宅で育ったので余計強く感じるのかもしれませんが
少々の隙間は住宅にはあってもいいのではと思います。
それに畳や障子と言うのは日本の生活にとてもあった美しい建築装置です。
その畳や障子…いやいや話がそれてしまいました。
今日は旅館の話ですね。

その最近好きな旅館のなかでも
湯河原の『石葉』は特に好きな旅館です。

細い坂道をひたすら登って行った山の上にあり、とても静かです。
温泉は良質な外湯が二つあるだけであとは内湯(内湯も、もちろん温泉。)だけと言う清さ。
そして美味しい食事が食べれるのがまた嬉しい。
湯河原は東京から1時間ちょっとで行けてしまうし交通の便もいい。
アメニティや布団や枕も、とても気持ちがいい。
もちろん美しい畳に障子も存分に楽しめます。

こちらの旅館に来ると余計な物が無い事が美徳なんだなと強く思います。

もしも東京近郊でどこかいい旅館は無いかと人から聞かれたら
『あさば』を進めて、自分は『石葉』に行くかもしれませんね。

写真は旅館石葉の部屋からの眺め。


Leica DII Elmar 50mm F3.5

あいにくの曇り空

rollei001.jpg


今日は午後からせっかく時間が取れたので
晴れたら久しぶりに鎌倉にでも行こうと思っていましたが
普段の行いが悪いからかあいにくの曇り空。

こんな時は気分転換に映画でもみようか
それとも古書店でも廻ろうか
今日の空と同じでどっちつかず。


写真は鎌倉の大好きな喫茶店『門』にて。

Rollei Flex 2.8F planar 80mm

浴衣に着替えて

elmar019.jpg



旅館では到着と同時に一目散に浴衣に着替える。
僕は浴衣が大好きだ。

日本家屋の古い旅館に浴衣姿にバルナック。
それに椿とくれば熱燗なんか呑みたくなってくる。

オツなもんじゃありませんか!

旅館『石葉』にて。


Leica DII Elmar 50mm F3.5

光ちゃん ダンス?

elmar026.jpg



光ちゃん踊っているのかな?

と、思いきや実は加湿器の煙で遊んでいたのでした。
この後、加湿器を倒してしまい床が水びたし。

旅館『石葉』にて。


Leica DII Elmar 50mm F3.5

Lマウントレンズ

elmar024.jpg



バルナックを手にいれてからすっかりElmarの写りが気に入ってます。
この時代のレンズは造りも素晴らしく何より小さくて可愛らしい。
他のLマウント(バルナックに取り付けられるレンズマウント)のレンズを
見てみると僕の大好きな50mmのレンズが沢山あります。
ヘクトール50mmやズマリット50mm。
それにニコンのLレンズやコシナの限定発売していた
ニッケルのヘリアーも今更ながら気になり始める。

どんな写りをするんだろう。
キケン キケン。

写真は旅館『石葉』の室内を近接1mで。


Leica DII Elmar 50mm F3.5

50mmの空間

20110212-elmar011.jpg



下北沢や井の頭公園で演奏しているミュージシャンが好きだ。
演奏する喜びに溢れてる。気持ちがいいもんだ。

それにしても僕は50mmの単焦点レンズが好きです。
DIIのファインダー窓にはフレームもなしにただ50mmの空間がぽかりと開いてるだけ。
僕にはそれで充分だ。


Leica DII Elmar 50mm F3.5

帰ってきたakiyasuさん

20110213-elmar028.jpg



長らくブログを休止されていた、博多のakiyasu_sukiyasuさんが
ブログをまた再開されたようです。

akiyasuさんは僕がブログをはじめた頃に知り合う事が出来、
ブログを通して写真やアート、文学についても多くの刺激を受けました。
博多でプロの写真家をされていたhide先生やnaomiさんとも
ブログ上で知り合う事が出来たのもこの頃です。
さらにその繋がりは広がり博多の写真好きな方々とも繋がることが出来ました。
そしてウナムさんや、さとさん、満月さんそれに東京のお散歩メンバーとも繋がる事ができました。
言わば僕のブログの恩人!ですね。(感謝しております。)

これからはまた素敵なお写真を見させて頂きますよ~ 
楽しみです。
akiyasuさんのブログはこちら Look For The Silver Lining



Leica DII Elmar 50mm F3.5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。